2007年06月30日

マンナンヒカリは優れもの

IMGP1552.JPG28日の朝食です

刻みパセリ入り厚焼き玉子
野菜の煮物
野菜のあんかけ
ほうれん草のおひたし



この日の朝食から、我が家のご飯が変わりました。IMGP1558.JPG
娘が送ってくれた「マンナンヒカリ」が、ご飯の中に入ったのです。
いつもと同じように炊飯器のスイッチを入れるだけなのです。

食べてみても、全く判りません。
主人などは、
 「今日からこのご飯だよ」
と、伝えてあったのに、お茶碗の半分を食べたところで
 「入っているのが判らないね」
と、言っても何が何だか判らず〜
本当に優れものです。
‘どこか変化を言ってください’と、しつこく聞かれれば
強いて言うなら、粘りが足りないかしら?!
それも、気にならない程度なのです。

私のダイエットにも一役かってくれそうだなぁ〜
このネーミングもなかなかだねわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

posted by 飯炊き人 at 19:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 食事の支度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

肉じゃがコロッケにご満悦

IMGP1550.JPG27日の朝食です

あじの開き(半身・皮は取り除いてある)
大根っ葉の酢漬
もずくキューリの酢の物
キャベツ蒸しの卵とじ



昼食はいつもの通り、パン食です

IMGP1551.JPG夕食です
肉じゃがコロッケ
大根の煮物
春雨と海藻サラダ





昨日の残った肉じゃがをつぶして作る、我が家の定番的コロッケです。
娘が一緒にいた頃は、お鍋いっぱいに作った肉じゃがが、翌日の夕食にはコロッケで登場というのが定番になっていました。
その日のうちにカラッポになってしまうお鍋もありましたが、ほどんどがコロッケに変身。
2日目の肉じゃがは、とっても味が染みていて、絶品なのです。
煮汁が多いと困るので、煮詰めてしまうのも美味しくなるコツなのでしょうね。

ミワちゃん用に、レンジでチンのコロッケにしました。
パン粉に少量の油を混ぜ、1分ほどチンをして、よくかき混ぜてから更に2分チン。
これが、ミワちゃんのパン粉。
コロッケ用の肉じゃがには、
  少し片栗を混ぜて加熱してから形を整える
  表面に少量のマヨネーズを塗る
  パン粉にまぶして、少し冷ます
  レンジで3〜5分ほどチンをして、焼き上がりをみてから更に2〜3分チン

ミワちゃんが元気な頃(その頃から重い糖尿病だったのです)、たくさん食べていたのですが、本人曰く「食べていない」と云っていました。
今回の『肉じゃがコロッケ』は大好評でした。
他には余り多くをつけなかったので、寝る前の血糖値は155。
ちなみにこの日の朝の血糖値は117でしたから、前夜の肉じゃがの影響はあまりなかったようです。
血糖値の数値に、一喜一憂です。
posted by 飯炊き人 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事の支度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりの肉じゃがでもダメ出し


IMGP1546.JPG26日の朝食です
大根のあんかけ

小松菜のおひたし






IMGP1547.JPG昼食です
ロールパン(1個半)
ウインナ―2本(ボイル)
ビーフシチュー風野菜のスープ
ヨーグルト
パイナップル




IMGP1549.JPG夕食です
ほっけの日干し
肉じゃが
玉子豆腐





ミワちゃんは、じゃがいもで血糖値が上がってしまいます。
少量のポテトサラダでもアウト

でも、この日は久しぶりに‘肉じゃが’を出してみました。
喜ぶ顔が見たくて、じゃがいもをいつもより長い時間、水にひたしておいて、何度も水を取り替えました。
でんぷんが悪いのかもしれないと、1度湯がいて水を取り替えて。。。。。
しらたきは1cmぐらいに切って、玉ねぎを多くして、肉を少なめに!
ところが、ミワちゃんは肉が少ない事が気に入らなかったのです。
何やらブツブツ言っているのですが、大きな声にはなっていません。
主人が近くにいるので、本音を言えないもどかしさが私に伝わってきます。

とりあえず、食事は終わりました。
寝る前の血糖値は、やはり239でした。
これは覚悟の上!
明日の朝は下がっていてくれる事を信じて、この日の一日は終わりました。
posted by 飯炊き人 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

紫蘇ジュースで大騒動

ブログのお仲間であるメルカさんのブログで、紫蘇ジュースの話題がありました。
そしてkazueさんので、紫蘇ジュースを教えていただきました。
そして挑戦してみたのです。
綺麗な色が、まるで‘ワイン’のようで、嬉しくなっていました。
IMGP1554.JPG
ミワちゃんに少し飲んでもらったところ、
 「赤紫蘇にはゴマだ」ちっ(怒った顔)

よかれと思ったのに、どうしても気持ちは伝わらないようです。

ミワちゃんは水分補給が、大の苦手。
そこでこの紫蘇ジュースを寒天にしたらいいかなぁ〜と。。。。。。

主人と私は、これを焼酎で割って飲む事にしました。
これがなかなかいけますよ〜
とっても美味しいわーい(嬉しい顔)
でも、とっても切ないもうやだ〜(悲しい顔)
posted by 飯炊き人 at 10:46| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

バラエティーに富んでいる?!

24日のメニューです
いんげんの油炒めに、タカのつめを入れました。
これが辛いといって、大ブーイングもうやだ〜(悲しい顔)

これでもいつもよりも少なくしたのになぁ〜

IMGP1535.JPGIMGP1537.JPGIMGP1538.JPG

25日のメニューです。

IMGP1539.JPGIMGP1540.JPGIMGP1545.JPG

朝の血糖値がいつもよりもかなり高い。
どうしたのだろうかと、不思議に思いながらインスリン注射の準備をしていたら。。。。
前夜の注射の際に、1単位を残していたのです。
主人が私の変わりに注射をしてくれたのです。
夜は2単位に減ってからは、一度も主人は注射をしていなかったので、手の感覚がわからなかったのでしょう
可哀相なのはミワちゃん。
目を白黒させていました。

その後の血糖値は安定していました。
よかったわ〜
posted by 飯炊き人 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事の支度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

23日は‘結婚記念日’


6月23日は、何度目か覚えていない‘結婚記念日’
何故、覚えていないのか、不思議でしょ〜わーい(嬉しい顔)
主人が私達親子と同居を始めたのが、娘が高2の時でした。
私が闘病生活をしていた時です。
入籍を強く希望していた主人でしたが、私はなかなかそれに応じませんでした。
もしも、元気になれなかったら、入籍してすぐに、主人は喪主になってしまうこもしれないという不安があったからです。
その不安が和らいだ時に、私達は入籍しました。
この日を選んだのには、訳があります。
23日というのは、月こそ違いますが娘の誕生日だったからです。
二人共、娘の存在がなかったら、連れ添う事もなかっただろうと知っていたからです。

まぁ〜、過去の話はこのくらいにして、今年の23日は、入籍して初めて「結婚記念日」を祝いました。
主人は今の状態は、きっと特別だと感じたのでしょうね。

ミワちゃんに、結婚記念日だと伝えると
 「息子は覚えているかねぇ〜」
と、不安げな様子。
私は、
 「毎年覚えていないからなぁ〜
  昨日、チラッと言ってみたけれどね。
  仕事に出ると、忘れちゃうものだよね」
すると
 「ゴメンネ」
とっても可愛いミワちゃんです。
それもそのはず、ここ数日の血糖値はほとんど安定状態。
安定してくれると、私達夫婦の仲も安定ですわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

何と主人は、私の大好きなワインを買ってきてくれたのです。
そして、ミワちゃんに対して
 「これからパーティーをするからね」
と、告げてくれて。。。。。。。。。。。。。。。

楽しい時間を過ごす事ができましたハートたち(複数ハート)揺れるハート

IMGP1531.JPG23日の朝食です

しゅうまいとサラダ
ひじきの煮物
ほうれん草のおひたし
(いつもよりも多めのちりめん)
黒豆酢漬け


しゅうまいはミワちゃんの大好物。
とっても喜んで食べました。
IMGP1533.JPG
昼食です
ロールパン
 (1個半)
トマト(半分)
野菜のコーンスープ
牛乳
バナナ(半分)

画像の左上に、何も入っていない器があります。
これは、食後の多量の薬を入れるものなのです。
昼の薬は、錠剤が5錠、粉薬が1袋。

IMGP1534.JPG夕食です

3種類のお刺身
ボイルしたいんげんとトマト
枝豆少々
水餃子



結婚記念日に特別な料理を作った事はありません。
でも、何となくはり込んで、豪勢なお刺身を買ってきました。
初めての事です。
まさか、主人がワインを買ってくるとは思いもよりませんでした。
私は赤ワインが好きなので、いつもは赤ワインなのに、この日は白ワインなのです。
お刺身なので、料理にもピッタリわーい(嬉しい顔)

とっても楽しかったです。
この2日間は、ちょっとハードだったので、残念ながらすぐにダウンしてしまった私。
ちょっと残念だったなぁ〜
posted by 飯炊き人 at 07:17| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

毎日の食事の数々

長く、画像をアップしていないので、タップリと溜まってしまいました。

21日の3食です
IMGP1518.JPG IMGP1519.JPG IMGP1527.JPG

朝食の魚は、あじの味噌漬です。
鮭が飽きたというミワちゃんの為に、探してあるいたの結果がこれです。
甘味が強すぎて、たくさん出せないのが難点。

夕食にはうなぎを出しました。
カロリーが高いので、おひたりとところてんで品数だけはなんとか確保。

22日の朝食と昼食です
IMGP1528.JPG       IMGP1530.JPG

時間に追われる一日の始まりです。
この日は、午前10;30から、糖尿外来の定期受診。
やっとの思いで、12時過ぎに帰宅して、慌てて作った昼食。
12時半には、薬の用意までして、ボランティアに出かけました。
私の昼食はおあずけです。
ボランティアが終わって帰宅すると、すでに4時半が過ぎていて。。。。
ご近所の方の息子さんが、20日にご結婚したので、そのお祝いにちらし寿司を作りました。
ミワちゃんにもちらしを出して、主人を迎えに行って、それからミワちゃんを連れて、お出かけでした。
もう〜クタクタだったので、主人と二人で行って欲しかったのですが、
 「飯炊き人ちゃんも一緒に行こうよ〜」
と、ご機嫌顔で言われたら、行くしかありません。
行った先では、当然のように私が付き添い。

帰ってきてから、布団にバタリ。
朝、5時に起きてから、初めて体を休めたという感じでした。
我ながら、元気になったなぁ〜と、実感わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

もう大丈夫です。
今日はあいにく、朝から雨模様ですが、飯炊き人は
 『太陽のようなひまわりのような笑顔で』頑張っています。
ご心配をおかけいたしました。












  

                     
posted by 飯炊き人 at 12:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 食事の支度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

ミワちゃんに対する私の思い

一日、考えました。

このブログを立ち上げた頃、何を思い何をしたかったのか。
絶対に忘れてはならない事が、これからの生活の中でたくさん起こるであろうと思った事も動機です。
その次に、画像を残す事で、食事に真剣に向かえると思い、ミワちゃんの画像は同居当時から残してきました。
それをブログに残す事で、更に正面からミワちゃんと向き合えるかもしれないと考えたからです。

私はミワちゃんとまだ短い嫁姑の関係です。
期間限定の同居が始まったのが、結婚後3年目。
雪が降ると東京に出てきて、嵐のような嫁いびりに耐え、私は雪が溶けるのをひたすら願う毎日。
糖尿病だと思うから、塩分控えめにして糖分も控えめにして。
目の前で、お醤油をダバダバかけて、味を濃くして食べ始め、終いにはそのおかずをわざとらしく床にこぼし
 「あら、ごめんなさいね」
あんぐりと空いた口はなかなか閉じない毎日。
主人には言えないようないじめの数々。
そんな事が数年続き、大事件が勃発。
出張で2週間も家を空けた主人が、毎日私とメールをしたり、電話をしている事に腹を立てたミワちゃんはあろうことか、主人にとんでもない嘘を吹きかけたのです。
私が主人の留守をいい事に、浮気をしていると伝えたのです。
その頃の私は、癌との戦いの真っ最中。
通院は、私にとって命の大事な綱でした。
その外出していた時間を、ミワちゃんは‘浮気タイム’だと言ったのです。
一人では病院に行けないような時、娘に付き添ってもらった事もありました。
ミワちゃんからそれを聞いて、主人は激怒し、出て行けと怒鳴ったのです。
信じられませんでした。
今思うと、歳はとっていても、新婚の私達は、今のような夫婦の絆は薄かったのです。
結局、間に入ってくれた方がいて、18時間の闘争は集結しました。
そんな事があっても、今のミワちゃんを受け入れるように、当時は理解がなかった主人。
その時の傷は、今でも心のどこかに引っかかっています。
娘はその時、この家を出ると聞いて、何か起こったかは判らないまま、荷物をまとめたのです。
きっと段々と怒りが込み上げてきたのだと思いますが、大切な学校の教科書まで捨ててしまいました。
その事は、今でも申し訳なかったと‘いと反省’

この事がしこりとなって、ミワちゃんを受け入れられないようになった私。
初めての離婚の危機は、ミワちゃんの嘘から始まったのです。
可愛い一人息子が、子連れの再婚女に騙されていると思っていたのです。

 ここで、はっきりと言っておきたい事があります。
 決して、騙していませ〜ん。
 私が願ってゴールインした訳ではありませ〜ん。
 主人が‘どうしても’と言うので。。。。。。。。
 嫌いじゃなかったし。。。。。。。
  (なんちゃってねぇ〜)

ともかく、最初のボタンが掛け違えていたのです。
何処まで行って、私はミワちゃんにとって『敵』以外の何ものでもなかったのです。
 子供の産めない嫁
 結婚式もあげられない再婚女
ミワちゃんの頭には、この2点がこびりついていたみたいです。
去年、ミワちゃんが秋田で入院した時に、面と向かった状態で言われたのは、とってもショックでした。
こんな風に思っていたのかと。。。。。。。
posted by 飯炊き人 at 07:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

夜中の家出

話せば長くなりますが。。。。。。
(いずこでも、夫婦喧嘩の成り行きは、長い話から始まりますよね)

月曜から、その前兆はあったのです。
ミワちゃんが突然、
 「朝から生臭いものは食べられない」
 「鮭は飽きた」
と、我が儘を連発。
どうして鮭なのかを説明しても、違う物が食べたいミワちゃんには伝わりません。
昼も、少々ご機嫌斜め。
それもそのはず。
血糖値がドンドン上昇しているのですから、無理もありません。

そして、迎えた火曜日。
主人がお休みという事もあって、ゆっくりと休ませてあげたかったのです。
ところが、起きてきて最初に言い出したのは
 「息子が休みだから、眼科と皮膚科に行く」

ちっ(怒った顔)勝手に決めつけないでよ
私は沸点に到達していました。
朝食の支度を終えて、インスリン注射をする為に、ミワちゃんの部屋に入りました。
すると、ミワちゃんはお出かけ用の洋服を着ているのです。
それを見て、私はカチ−ンときてしまいました。
疲れがとれず、体調も悪い主人を、少しでも長く寝かせてあげたいと、早々と床から出ていた私。
主人も歳なので、とっても心配だったのです。
そんな事は、お構い無し。
ミワちゃんは言い出したら、絶対に聞きません。
私は、深呼吸をして、気持ちを落ち着けて、ゆっくりした口調で話し掛けました。
 「お父さんがお休みだから、私の手を煩わせないつもりで言っているのでしょうけれど、お父さんのお休みは体を休める為のお休みで、ミワちゃんのアッシー君になる為のものではないですよ。どうしても病院に行きたいなら、私がお付き合いしますから、お父さんは休ませてあげてください。お父さんが死んでしまったら、私達二人でどうやって暮らしていくのですか?」
ミワちゃんは、その話を聞いて、とても驚いた顔をしました。
これで終わりだと思っていたら、寝ている主人を叩き起こして、どうでもいいような用事を言いつけるのです。
そうしても判ってもらえないようです。
又、主人も優しい人なので、言われればすぐに動いてしまいます。
その優しさをいいことに、いくら親子と言えども。。。。。。。。。

そして、ミワちゃんは私の方にチラッと目をむけて
 「すぐに動いてもらいたいからね」

ちっ(怒った顔)なんだ、その言い方はちっ(怒った顔)
それじゃ、私が動かないみたいじゃないかちっ(怒った顔)

今週は、定期的な通院が2日間、予定されています。
つまり、火曜に病院に行くなら、今週は3日間も通院なのです。
私にもそれなりに、沢山の予定があります。
前もって、ミワちゃんの病院の日を外して予定を立てていますから、突然に言われても変更ができません。
前の日に言われたなら、何とかなるでしょうが、当日の朝、それもミワちゃんタイムの朝ですよ。
もう〜昼に限りなく近いじゃないですかexclamation×2
せめて8時台に言ってくれればいいのに。

この我が儘が発端だったような気がしますが、その後、病院には3人で行きました。
眼科だけの受診でしたが、何にも変わってはおらず、当たり前にように進行しているだけなのです。
視力が低下していく事は、加齢以外の原因は無いと言われ、その進行をくい止める事は不可能だと言われていました。
何度言っても、判ってくれません。
病院に行くと、必ず治ると思っているのでしょう〜

そして迎えた夕食。
私の思いとは裏腹に、ミワちゃんの我が儘はパワーアップしていきます。
主人は今回も、全く気が付いてくれません。
たまには、ガツンと言ってくれるのですが、この日はTVに夢中。
二人の間に座っているにも関わらず、会話は全く聞いていなかったのです。
私は、晩酌を止めて、自室に戻りました。
勿論、ミワちゃんの食事が終わり、薬の投与も済んでからの事です。
主人は、私が途中で席を立ったので、初めて何かがあった事に気が付きました。
そしていきなり
 「ゴメンネ」
これが、留めの言葉。
大噴火の始まりでした。

そして、これから先の予定変更のお願いをする為に、ボランティア仲間に連絡をしたのです。
すると、察してくれたその方は、
 「これから我が家にいらっしゃい」
ご迷惑も顧みず、私はサッサと出かけていきました。
内容を話しているうちに、段々と気が晴れてきて、私の短気が原因だったような気がしてきました。
夜中の街は、静まり返っていて、少しヒンヤリとしていて、とても気持ちがよかった。
ちょっと苦手な自転車での訪問だったので、自分もそして残された主人も、怪我無く帰れるかとても心配でした。

少し二日酔いになった昨日は、朝から病院で大忙し。
明日も病院です。
毎日、病院に行っているようで、気が滅入ってきます。

でも、明るく元気に「太陽のようなひまわりのような笑顔で」今日も頑張りますよ〜
posted by 飯炊き人 at 10:17| Comment(6) | TrackBack(0) | 激乱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

爆発当日と翌日の食事

IMGP1513.JPG19日の朝食です

ほうれん草のおひたし
野菜の煮物
切干大根




ミワちゃんは
 「鮭は、もう〜飽きたちっ(怒った顔)
と、言い出しました。
そう云われても、ミワちゃんに出せる魚は、ドンドンと種類が減ってしまっています。
さんまやさばの日干しなどは、かなりの油分があって、ふき取ったぐらいでは無理なのです。
めざしは油は少ないのですが、小骨が喉に引っかかってしまいます。
おまけに‘魚の皮’が大好きなミワちゃんは、何とかして食べようとします。
その途端、激しくむせるのです。
主治医からも、
「長年、魚の皮を食べてきたのだから、今更食べなくてもいいでしょ〜
 皮を食べて喉に詰まらせて死んでしまう方が馬鹿らしいでしょ〜」
その通りなのに、ミワちゃんの我が儘の導火線は、この言葉に大沸騰。
先生の前ではよい返事をしていました。
家に帰って、皮を取って食卓にだすと、
 ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)「何、これは!!!!!!!!!!!!!」ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)
そう言いながら、お皿を箸で突き返してきます。
 もうやだ〜(悲しい顔)この瞬間が、とっても悲しいもうやだ〜(悲しい顔)
せめて、手で押し返してくれればいいのになぁ〜

IMGP1514.JPG19日の昼食です
パン
もやしと玉子の白身のボイル
野菜のシチュー
グレープフルーツ
コーヒー寒天



もやしをボイルして少し水を入れた鍋に玉子を入れました。
油は使っていません。

IMGP1515.JPG 夕食です
切干大根
野菜と鶏肉の煮物
もやしなど野菜のあんかけ
わかめとキューリのサラダ




あんかけを作って、私達はこのあんかけをかた焼きそばにかけました。
そして、この後、大事件が勃発しました。
その件は、後程ご報告。
 ご期待あれ。

IMGP1517.JPG
20日の夕食です
 あじの塩なし焼き
 ほうれん草のおひたし
 ふろふき大根
 きのこの酒蒸し



20日の分は、夕食しか画像がありません。
昨日は、循環器・整形外科・皮膚科の受診日。
朝は、鮭とおひたししか出していないのです。
何故かは、後程。
お昼は、外食。
そんな訳で、画像は残っていません。

posted by 飯炊き人 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事の支度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

昼食後が上がる血糖値

夕食前のインスリンが2単位になって、早いもので1週間。
朝の低血糖は起こらなくなりました。
適切な処置をしてくださり、本当に助かりました。

IMGP1511.JPG 朝食です

  鮭
  ほうれん草のおひたし
  野菜の煮物
  黒豆酢漬け



朝の血糖値は、100前後になっています。
昼食前も、さほどは上がりません。
ところが、夕食前の血糖値は200前後。

全く変わりません。

今週金曜に、糖尿外来なので、少し期待をしています。
    が。。。。。。。。
ミワちゃんの担当医は、流れ作業的に患者を診るので、期待はできないかもしれません。
1月の血糖値が、急激に上がった時、何もしてくれませんでした。
それが原因で長期入院になったとは思いませんが、因果関係は全くないとは言い切れません。IMGP1512.JPG

夕食です
 マーボー茄子
 (炒めずボイルした茄子で作り、最後にごま油を数的入れました)
 ニラの卵とじ
 ボイルいんげん
 とうもろこし


地物のとうもろこしが出始めました。
とても甘くて、美味しかったです。




posted by 飯炊き人 at 14:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 食事の支度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日曜日のお食事

日曜日は、主人がお休みでした。
仕事の関係の方とお会いする約束があったので、二人で久しぶりに新宿までお出かけをしました。
用事が済んで、ブラリと歩いてみようという事になったのですが。。。。。。
余りの人の多さと、物凄い猛暑であえなくダウン。
さっさと帰ってきてしまいました。
地元に戻ってから、夕飯のお買い物。
 「やっぱり、地元のお買い物が、一番落ち着く」
と、言ったら
 「そんな歳じゃないでしょ〜」
と、主人。
地元が落ち着くのは、歳のせいじゃないのに。
判ってもらえなくって、ちょっとガッカリでした。

IMGP1509.JPG  日曜の朝食です
 
  さばの文化干し
  おくらとめかぶの酢の物
  かぼちゃの煮付け
  野菜の煮物



新宿での待ち合わせは2時。
この時間には、絶対に遅れられません。
ところが、この日のミワちゃんが起きてきた時間は10時。
またしても、昼ご飯は2時過ぎになってしまうのです。
そこで実行されたのが、インスリン注射をして、食事の用意をして、薬を全部出して容器に入れ、粉薬はオブラートで包み。
いざ、出発!
ちょっと心配でしたが、主人と一緒なので実行しちゃいました。
帰宅してみると、戸棚をガサガサ・冷蔵庫をガサガサした形跡が残っていました。
何かの食料を探してみたのでしょうね。

IMGP1510.JPG  夕食です

  さんまの塩なし焼き
  まぐろのお刺身
  白菜のおひたし
  野菜の煮物



元気なミワちゃんは、毎食が完食。
食べっぷりは、御見事。
楽しくなるほど、よく食べてくれます。












posted by 飯炊き人 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事の支度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

般若の面

昨日の夕方から、ミワちゃんの顔つきが厳しくなっていきました。
調子が悪いようだと、とても心配をしていました。

夕飯の支度ができたので、インスリン注射の為にミワちゃんのお部屋に。
ミワちゃんの顔を見て‘ビックリ’
何と、ミワちゃんは『般若の面』になっていたのです。
あぁ〜〜〜 心配した通りになってしまった〜〜ふらふら

ミワちゃんの血糖値が高くなると、このような顔つきになってしまうのです。

その事に気が付かなかった時は、とても怖くてそばに近寄れなかったがく〜(落胆した顔)

今は、判ってきたので、
 「あら、調子が悪くなってきた?」
と、尋ねると
 「そんな事、ない!」
血糖値が高い事を知って
 「あんたの食事しか食べていないのにちっ(怒った顔)
あぁ〜〜〜 また始まった〜〜
そうなると、私が言う言葉は一つ
 「すみません」

私の‘すみません’は、心からのものではないのです。
ミワちゃんの症状に合わせて言っただけ。
そこで反論などしようものなら。。。。。。。。。。

同じ屋根の下、絶対的に一緒に暮らしていかなくてはならないのですから、ここは私が謝るだけ。
それで丸く収まる事を、やっと判ってきました。
 
 が、

一人になると
  何だか切ない

こんな事が繰り返される介護ですから、ストレスって溜まっていきますよね。
リフレッシュしたのもの束の間、すぐに溜まってくるストレス。
ストレスを感じないようにする良い方法を、どうか教えてください。

  もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔) 結構、深刻です もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
posted by 飯炊き人 at 09:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

暑さ対策での水分補給は寒天

梅雨に入ったのにも関わらず、猛暑が日本列島を直撃しています。
うちのミワちゃんは、水分補給が苦手です。
そこで、脳外科の先生からのアドバイスを元にして、寒天での水分補給を実行しました。
コーヒーの味が、少々残っている程度(超・超アメリカン)の中に、寒天を入れました。
出来上がりは、コーヒー寒天そのものです。
コーヒーゼリーのように作ると、甘味を欲しがるので、無糖の場合は寒天がお薦めexclamation×2

IMGP1505.JPG 17日の朝食です
 ちくわと野菜の甘酢あんかけ
 野菜の煮物
 だし巻玉子
  (タップリのねぎ入り)



IMGP1507.JPG
 昼食です
 パン
  (6枚切り)
 玉子と玉ねぎの炒め物
 少々のサラダ
 コーヒー寒天
 さくらんぼ


IMGP1508.JPG  夕食です
  かれいのサッと煮
  冷奴
  かぼちゃの煮付け
  野菜と鶏肉の煮物
posted by 飯炊き人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事の支度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

豆腐ハンバーグの作り方?!

昨日のボランティア給食は、月に1回のお当番でした。
当番の前の週に、メニューを決めて、食材の発注をして。
当日は、少し早めに集合なのですが、ミワちゃんの事があるので、私は遅れる事をOKしてもらっています。
何にも役に立っていないような気がして、ちょっと気後れしちゃいます。

メインのメニューの‘豆腐ハンバーグ’です。
自己流のやり方なので、とっても楽しみにしていました。
 もうやだ〜(悲しい顔)ところが、当日の私の担当は「味噌汁とほうれん草のおひたし」もうやだ〜(悲しい顔)
もう〜ガッカリでした。

大体は同じでしたが、豆腐の量が少なくって、普通のハンバーグの食感でした。
想像していた食感ではなく、少しがっかりです。

IMGP1503.JPG  これで400円ですから、安いですよね。
  さわらの西京漬けは、味噌を調合して作る手作り。
  さすがに25年の歴史を感じます。
  衛生面でも、とても気をつけていて。
  
  でも、食品の商売をしていた私からすると
  まだまだ足りないように感じます。

が、それは、またこれからのお話で、今のところは人間関係の緩和に極力努力しています。
毎週の金曜日は、本当に大忙しですよ〜
 でも、楽しいけれどねるんるんかわいいぴかぴか(新しい)


ラベル:ボランティア
posted by 飯炊き人 at 18:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昼食は一人で

昨日はボランティアの日でした。
こともあろうに、ミワちゃんの起きてきた時間は、9時半過ぎ。
12時に昼食にしたいのに、これでは絶対に無理。
血糖値を計ってみると、108なので異常はありませんでしたが、ちょっと心配してしまいました。

IMGP1501.JPG
朝食です
さばの文化干し(1/4)
野菜の煮物
めかぶとおくらの酢の物
アスパラ



結局、食事は10時過ぎからでした。
これでは12時に
 「ご飯ですよ〜」とは言えませんふらふら

IMGP1502.JPG昼食です
食パン(6枚切り)
野菜のコンソメスープ
ヨーグルト(プレーン)
牛乳
すもも(これでお終いでするんるん
朝の残り


昼食の用意をして、薬を準備してでかける事にしました。
ちょっと不安でしたが、初めてのトライですひらめき
果たして、うまくいくのでしょうか。
と、思いきや、案外とうまくいったようですわーい(嬉しい顔)
これからも、昼ご飯を用意して、注射だけをした後に、お出かけができるかもexclamation&question

IMGP1504.JPG
夕食です
さんまの塩なし焼き(お酒の霧吹きを)
豆腐ハンバーグ(ボランティアで作ったもの)
ほうれん草のおひたい
切干大根



とっても安定していた一日でした。
頑張ってくれた分、とっても可愛く感じてしまいました。
今日からまら1週間、明るく頑張れますよ〜るんるんぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)
posted by 飯炊き人 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

食欲旺盛のミワちゃん

昨日もミワちゃんの食欲はたいした物でした。
何度も言うようですが、お米の量は私の方が多いのですが、おかずの量はミワちゃんは私の3倍。
それをぺロリとたいらげてしまいます。

IMGP1497.JPG朝食です
さばの文化干し
まいたけと玉子のとじ焼き
もやしと春雨のあんかけ
昆布の佃煮


昆布の佃煮は、自家製なので甘味を抑えました。
ミワちゃんは想像していた味ではないので、少々オカンムリ。
 気にしませ〜ん
もやしと春雨のあんかけは、なかなかの優れものです。
量があるのですが、カロリーは控えめ。
おまけにミワちゃんの大好きなあんかけときていますから、大喜び。
 ホッとしました。
さばはいけませんねぇ〜
油が多くて、いくらふき取ってもらちがあきません。
 最後には諦めました

IMGP1499.JPG昼食です
ロールパン(1個半)
ほうれん草と卵の白身の炒め物
ブロッコリーとトマト
ヨーグルト(プレーン)
牛乳(少し温めたもの)

ブロッコリーの上にかかっているソースは、昨夜のグラタンの残りをアレンジしました。
ミワちゃんにしてみると、牛乳のあんかけとしか感じられなかったようです。
味覚は、かなり落ちています。

IMGP1500.JPG夕食です
ささみのケッチャップ味ソティー
豆腐と白菜の煮物
野菜の煮物


ケチャップは嫌いだと言っていたミワちゃん。
最近は大好きに変身。
その訳は?!
 ただ単に甘いからです
大好きなケッチャップ料理だったので、食卓を見て大喜び。
 わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)「レストランだぁ〜」るんるんぴかぴか(新しい)
こんなミワちゃんは、とっても可愛くって。。。。。。
こんなミワちゃんが、いつもなら、このブログは不要になってしまうかもね。

血糖値は、相変わらず安定しています。
今週は、病院通いが多かったのですが、来週は最も難関の通院。
私自身の体調が、ちょっとだけすぐれないので要注意。
無理をせずに頑張ります。
今日は、ボランティアの日!
楽しんできます。
メニューは?!
 豆腐ハンバーグがメインですよ〜わーい(嬉しい顔)るんるんぴかぴか(新しい)

posted by 飯炊き人 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事の支度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボケてはいけないと頑張るミワちゃん

昨日の朝、起きてくる時間はいつもの通り。
ところがミワちゃんは、とっても慌てていて。。。。。
1時間の時計の見間違いのようなのです。
8時を9時と勘違いしたらしいのです。
以前、きちんとした生活時間と、メリハリのある生活を拒絶するような生活は、糖尿にとってマイナスになると話した事があります。
私的には、糖尿の悪化よりも、ボケてしまう事の方が気がかりだったのです。
糖尿にも、規則正しい生活は必要です。
物忘れが激しいという事と、ボケ始めるという線引きは、どのへんかはわかりません。
チェック項目があると聞いた事もあり、病院でも聞いた事がありました。
 目朝,着替えるのがめんどくさい
    (かなり重要はチェックポイント)
 目どんな時にも同じ服装になる
 目暑さに対して鈍感になり厚着を続ける
 目自分の回りを片付けない
3月31日に退院してから、ミワちゃんは全てが当てはまっていました。
以前のミワちゃんは、どんな時にも着替えていました。
調子が悪くても、絶対に着替えて出てきました。
そんな訳で、ボケ予防の為に話したので、少し始点がずれてしまいましたが、元の生活に戻ってほしかったのです。

入院前は、好きなだけ寝ていたので、高齢にも関わらず起床時間は毎日10時過ぎ。
話をした後は、なるべく8時台に起きてくるようになりました。
起きる事に、とっても必死な時もあるのです。
ミワちゃんが、少しでも体調を改善していきたいのだと感じます。
それならば、私のできる事は、食事療法の応援です。

今、まさに両輪の歯車が合っている時と感じます。

ミワちゃん自身に糖尿への知識が、もう少し早く根付いていたら、こんなに大変な思いをしなくてもよかったのに、悔いが残ります。
しかし、こうなったからには、正面から向かい合う事で、絶対にこれ以上悪化させないように努力していきます。
勿論、ボケないようにいつも刺激を与えながら、お話の時間を大切にしていこうと思っています。

もうやだ〜(悲しい顔)可愛くない時は、話もできないような心理状態になってしまう事もありますがね〜もうやだ〜(悲しい顔)

さぁ〜 今日も『太陽のようなひまわりのような笑顔』で、頑張っていきますよ〜わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
posted by 飯炊き人 at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

午後から脳外の受診で大格闘

昨日のお天気は、洗濯日和〜わーい(嬉しい顔)
朝、ミワちゃんに
 「お洗濯を始めますから、何かありますか?」
するとミワちゃんは
 「別にないわね」
そんな訳で、早々とお洗濯を終わらせました。
午後になって、食卓のミワちゃんの席を見ると、大量の汚れ物。
 がく〜(落胆した顔) 何で、今頃出すのよ〜 がく〜(落胆した顔)
やっぱり、ミワちゃんは手ごわいバッド(下向き矢印)

IMGP1494.JPG朝食です
赤魚の粕漬け
ほうれん草のあひたし
おから
厚焼き玉子


IMGP1495.JPG昼食です
ロールパン(1個半)
おひたしの残り
野菜のコーンクリームシチュー
すもも
さくらんぼ

昼食後、病院に行きました。
脳外科の受診です。
とても空いていたので、アッという間に終わりました。
そこからが‘ミワちゃんの本領発揮’です。
 バッド(下向き矢印)リハビリの先生を探してきて〜
 バッド(下向き矢印)眼科に行きたい
 バッド(下向き矢印)整形に行きたい
全て、無理なのです。
午後の受診なので、どこにも行けないのです。
何度言っても理解してくれません。
終いには、私が嫌がらせをしていると。。。。。。。。

あぁ〜〜〜、判ってくれないもうやだ〜(悲しい顔)
悲しい思いで、帰ってきました。

IMGP1496.JPG夕食です
マイタケのマカロニグラタン
おくらのサラダ
おから
ところてん


気を取り直して、頑張って夕食を作りました。
ぺロッと食べきりました。
本当に凄い食欲です。
私でもあんなに食べきれないのになぁ〜バッド(下向き矢印)

昨日はどうしてもテンションが上がりませんでした。
posted by 飯炊き人 at 13:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 食事の支度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

インスリンの単位が減少

月曜日にインスリンだけを取りに行った際、主治医ではない先生が担当してくださいました。
ご自分の担当外の患者の介護人に対して、とても丁寧に対応してくださいました。
最近のミワちゃんの血糖値の、朝の測定がの低い事で悩んでいたので、伺ってみました。
質問の主旨は、低血糖はどのくらいの数値から、低血糖と判断すればいいかという事。
先生がお話してくださったのは。。。。
 *人によって異なる
 *インスリンを注射している場合は更にまちまち
 *高齢である事を考えると、100以下を基準にしてもいい
と、いうことは。。。。。。。
ミワちゃんは、60台もあるのです。
最近の朝は、ほとんどが100以下。
すると、先生は、
「夜の単位を2単位、減らしましょう」
その判断の要素は、10日後の予約があるのでその間の変化を、担当医に判断してもらおうという事だったのです。
10日間ぐらいなら、もしも駄目だったとしても、大きな影響はないでしょう〜との事。
とても嬉しくなりました。
そんな訳で、月曜の夜から、インスリンは2単位に減りました。
頑張った甲斐があったというものだぁ〜わーい(嬉しい顔)るんるんぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

IMGP1491.JPG朝食です
野菜の中華風あんかけ
おから
ほうれん草のおひたし
(ちりめんとかつお節)
味付け焼き海苔

IMGP1492.JPG昼食です
ロールパン
 (1個半)
中華風春雨サラダと刻みおくら
ヨーグルト
コーンスープ
すもも
 (まだ、すももは2個もあります)

IMGP1493.JPG夕食です
マーボー豆腐
まごろのお刺身
ほたてとたこの辛し酢味噌和え
ちくわとキューリ

お刺身が2種類・3食材なので、マーボー豆腐にはひき肉は入れませんでした。
その代わりに、みょうがを刻んで入れました。
風味が変わって、とっても美味しかったですよ。
私達が食べる分には、ミワちゃんにはちょっと不向きな大葉を刻んで上に乗せました。
この大葉が最高〜

posted by 飯炊き人 at 10:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 食事の支度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。