2007年02月26日

せっかちなミワちゃんの勘違い

本当にせっかちです、ミワちゃんは!
退院は自分で勝手に決めた事のようでした。
今の病棟は、脳外科なのです。
糖尿や循環器の病状は、全く改善されてないのです。
怪我で入院したのですから、無理もありません。
病院内でカルテが回っていたものだと、家族は思っていたのですが、そうではなかったようです。

家族との対話がないまま、治療が始まっています。
何だか、ちょっと不満です。

病院に伝えたい事もたくさんあるのに、話しを聞いてくれる場がないのです。

今日は、突撃談判に行ってきます。
posted by 飯炊き人 at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

ミワちゃんの入院経過〜2

土曜の昼頃、ミワちゃんから電話がありました。
「月曜に退院だから〜」
あらら〜〜
糖尿の方は、全く手付かずなのに、大丈夫なのかしら?!
見舞いに行って、看護士に聞いてみると、
「そんな指示は出ていません」
と、あっさりと言われてしまいました。
そこで、糖尿の方が心配だと、伝えると
「月曜に先生に伝えておきます」
何とも、手ごたえの無いお返事。
その事をミワちゃんに伝えると、
「あらぁ〜おかしいわねぇ〜」
夕食前の血糖値は、420もありました。
これでは心配で、自宅に連れていけません。
抜糸を月曜にするとの事なので、それ以降の手当ても、もう少しお願いしたいのになぁ〜(><)
これって、私の我が儘なのでしょうね。
我が儘ミワちゃんと一緒にいたら、我が儘病が伝染してしまったようです。
しばしの休息でしたが、来週からまたまた頑張らねばなりません。
 ファイト−!
    オオォォ!
posted by 飯炊き人 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

ミワちゃんの入院経過

傷口は、だいぶ良くなってきたようです。
痛みがない分、本人は完治したと勘違いしています。
そして、ミワちゃんパワーが炸裂しています。
 (ミワちゃんパワーとは、信じられないほどの我が儘の事です)
看護士さん達が困り果てるほど。。。。。
その時、私は突然・・・・
「お母さん、ここはお家ではないんですよ。
 何でも思い通りにはなりません。
 少し、相手の立場も考えてください。
 身内ではないのですから」
と、言ってしまったのです。
ミワちゃんは、
「鬼嫁!」
わぁ〜〜〜、遂に出てしまった一言。

常々、自分で鬼嫁と言ってはいたのですが、ミワちゃんからは出なかった言葉。

しょうがないですよね〜

我が儘の度合いが、堪忍袋の大きさはそれぞれ違うのですから。

私の場合は、さほど大きくないと思います。
言われている言葉を、右から左に聞き逃す手段を身に付けていません。
それでも、嫁という立場。
我慢は当たり前の立場。
いつかは、爆発してしまうのでしょうね。
今までの‘期間限定の同居’でも、度々あった事なのですから、絶対にそんな時がきてしまうのでしょうね。

今回の入院で、ミワちゃんにも変化が出てきています。
見舞いに行く私を待っているミワちゃんは、私を見るととても喜びます。
そんなミワちゃんは、とっても可愛い。
次の瞬間、どんな言葉が飛び出すかは、絶対に考えないようにします。
食事の時の癖も、同じです。
目で数える仕草も、同じように行います。
我が家では、ご飯・みそ汁の他に、3〜4品が並びます。
量は少ないのですが、数は多くして満足度を高めています。
ところが、病院では、いくら数えても全部で3〜4品。
お腹が空くからと、文句を言って、箸で器を叩きます。
これも、いつもの癖。
お行儀が悪いから、辞めようか?!
と、言ってみました。
ミワちゃんは、ハッとした顔をしました。
瞬間、姑の顔に戻りました。
プライドは、傷つけないようにしなくちゃね。

毎日、ハプニングの連続です。

さぁ〜てっと、これから見舞いに行ってきます。
今日はどんなドラマが待っているのかしら?!

posted by 飯炊き人 at 10:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

ミワちゃんが入院

土曜の夜行バスで、大阪に出かけていました。
日曜の朝に着いて、その日の夜行で帰ってくる予定で出発しました。
ミワちゃんの食事を4食分、用意しておきました。
順調に夕方を迎えていて、一安心をしていた時に、大変な事が起こってしまいました。
ミワちゃんは、足を滑らせて、転んでしまったそうなのです。
その時に、頭をテレビの角にぶつけてしま、大量の出血があったそうです。
主人は、慌てて救急車を呼んだそうです。
ワーファリンを飲んでいる事もあって、なかなか止血できなかったようです。
私には、この一大事は、伝えてもらえませんでした。
心配をしても、すぐには駆けつけていけない距離!
保険所などの問題があったので、電話で異変は知りましたが、どうなったのかの詳細は、全く教えてもらえませんでした。
尚更、心配が募ります。
本当に長く感じた時間でしたが、翌朝に帰宅すると、怪我での入院だったとの事。
慌てて、病院に行ってみると、以外にも元気で一安心。
大変な連休になってしまいました。

ところで、じっくりと考えてみたのですが。。。。。
この転倒事件が、私とミワちゃんとの二人だけだったとしたら?!
背中に冷や汗を感じました。
私がいない時でよかった?!
そんな思いをしている私は、黒い服かしら?白い服かしら?
posted by 飯炊き人 at 11:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

相変わらずの高い血糖値

このところ毎日、昼食後2時間を経過すると、上がっていくのです。
血糖値を計る事も、ミワちゃんにとっては、大きな負担になるはずです。
おまけに、上がってしまった血糖値の事を、くよくよ考えてもしまうはず。
でも、計らない訳にはいきません。
文句を言われながらも、めげずに頑張って計ります。
終いには
 「あんたが計れば!」
   ↑  ↑
 うぅ〜〜ん、確かにそんな言い方もできるなぁ〜
と、妙に納得。

でもね、私の血糖値を計って、なんぼのもんじゃい!
私の病気は、十二指腸潰瘍だってば!
血糖値は、全く関係ないよう〜

食事の方も、頑張っていますよ。
文句は言いませんが、メニューが気に入らない時の仕草も、やっと慣れてきました。
中身の入っているお皿を、お箸でコツコツと叩くのです。
よっぽど気に入らない時は、物凄い音を出して。
その仕草が始まった時は、私は席を離れてしまいます。
ちょっと用事を思い出したかのように。
IMGP1251.JPG我が家のペットは、この小雪ちゃんです。
ネバーランドラビットというそうです。
元々は、娘が渋谷の仕事場兼住居で飼い始めたのです。
ところが大きくなってきて、手を余してしまったのです。
そんな訳で、我が家のペットとなった訳です。
困った時は、この小雪ちゃんの所に行って逃げてしまうのです。
今朝も、2度も行ってしまいました。

めげずに頑張るぞぉ〜
posted by 飯炊き人 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

やっぱり高い血糖値

昨日の朝は、167の血糖値でした。
主人が仕事から帰宅したのが、午後1時ごろ。
 「お昼ご飯の前に、血糖値を計ろう」
と、言うと主人は、
 「朝が落ち着いているから、必要ないよ」と、答えてきました。

 いかがなものでしょうか?!

自分の親なのに、何を考えているのでしょうか?!
 信じられな〜〜い!

夕飯前に計ると、何と何と血糖値は‘328’にまでなっていたのです。
突然と心配を始める主人!
平然としている私!
バランスを考えながら、またまたメニューの変更をしました。
そして、寝る前には‘321’
依然として下がっていませんでした。
本人に、体調の変化を聞いてみると、変化なし。
様子をみてみる事にして、昨日は就寝しました。

そして、今朝の食前は‘118’
やっと治まってくれたようです。
が、油断はなりません。

ミワちゃんというと、ご飯の準備ができて呼びにいくと、いつもと変わらず愛想の無い顔。
食べ始める前に、一言。
 「こんなに食べていいの?」
 「この食事が原因なんだから!」

相変わらずの憎まれ口。
今回は流石の主人も、口をはさんでくれました。
 「カロリー的にも、バランス的のも問題無い!!!!!」

私は、
 「量が多いような気がするなら、残してください」
と、言いましたが、内心では‘全部食べてしまうよなぁ〜’

案の定、完食です。

残す事ができるなら、今のような状態にはなりませんでした。
昨年10月31日に退院した能代の病院で、
 「今まで食べてきた食生活が、今の貴女の病状の全てです」
と、主治医に言い渡されました。
ミワちゃんとしては、覚えていたくない言葉でしたから、すでにミワちゃんの記憶からは削除されています。
この主治医の言った言葉が、私の胸に重くのしかかっています。
これからの食生活の全てが、私の手の中にある事への恐怖感。
当初は、本当に苦労しました。
今では、10年選手のように、テキパキとこなせるようになってきました。
 ‘習うより、慣れろ’
ですね。
posted by 飯炊き人 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

血糖値にビックリ

昨夜の夕飯前の血糖値が、何と289になってしまいました。
急遽、メニューを変更しました。
それでも、寝る前の数値は、288なのです。
心配しました。

ミワちゃんは
 「あんたの食事が悪いんじゃないの?!」

それを聞いて、白い服を着た私が、私の頭の左上で
 「ごめんなさいね〜」と、言っていて
黒い服を着た私が、私の頭の右上で
 「このクソババー」と、言っているのです。
そして、私の頭の上で、二人が言い合っているのです。
白い私は
 「そんな事を言ってはいけないわよ」
黒い私は
 「しっかりと調理しているのに、冗談じゃないわよ」

この所、こんな二人の会話を、ちょくちょく見ている私は、至って冷静にその話しに耳を傾けているのです。
この二人共が、私自身なのでしょうね。
 情けないやら何なんだか・・・・・・・

そっして、今朝の朝食前の数値は、167でした。
不可の数値ではありますが、昨夜の事を考えると、ホッとしています。
本当に良かったわぁ〜
posted by 飯炊き人 at 11:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カキフライに挑戦

娘が送ってくれた「糖尿病用の食事レシピ」の本が3冊。
その中に、電子レンジで楽チン調理と言う本がありあました。
油で揚げないフライの仕方が書いてありました。
判ってはいても、なかなか挑戦できなかったのです。
この本が手元に来てから、挑戦してみる事にしました。

作り方
 パン粉に油を小スプーン1杯を入れて混ぜる
 密閉せずに、レンジでチン(2分)
 更に混ぜて、レンジでチン(2分)
 このパン粉を、カキにまぶして、オーブンレンジでチン
これで出来上がり!

私達の食べるカキも焼いてみて、油で揚げたカキフライとも食べ比べ。
カキ自体の味は、揚げた方が美味しい。
カキの甘さは、焼いた方が美味しい。
っそして、全く気にならない美味しさ。

これって、素敵な調理方です。

次は、おからコロッケに挑戦です。
posted by 飯炊き人 at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事の支度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

食事指導がありました

昨日の受診日、糖尿外来が、一番気になりました。
前回が12月29日。
年末年始の食事は、どうしても日常と変わってしまうからです。
独立して渋谷で仕事場兼住居を構えてしる娘が、年末年始に実家に帰ってきました。
おみやげに「低カロリー、塩分・糖分ひかえめの‘おせち料理’」を送ってくれたのです。
これって、随分と助かりました。
おせちを作らなくてよかったので、ミワちゃん用煮物に集中できたからです。
それでも、無神経な主人は、好きな物を食べさせてしまうのです。
血糖値がきっと、上がっていたでしょうね。
でも、血糖値を計るようになったのは、1月10日からだったので、この時は計測できませんでした。

前回で私に宿題が出ました。
この1ヶ月の中で、無作為に2日間を選び、その一日の食事をグラムまで記入する用紙をいただきました。
これって、大きな宿題になりました。
でも、いつもと変わらないように務め、写真を撮っておきました。
IMGP1235.JPG

IMGP1236.JPG

IMGP1238.JPG食事指導は、とっても誉められました。
この写真を引き伸ばして、患者さん達に見せてあげたいくらいだと、言っていただきました。
嬉しかったです。

ヘモグロビは前回と変わらず、6,8!
これって、とっても嬉しかったです。
私が食事を担当する前、能代で一人暮らしをしていた頃は、9を切った事もなく、殆どが二桁だったのです。
主人は大喜び。
本人は「私が我慢しているから当然!」
温度差はありますが、数値が私を労わってくれました。
これからも頑張ろうっと!
posted by 飯炊き人 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年初めての受診日

1月には3度も病院に行きましたが、全て「整形外科」でした。

そして、昨日、今年初めての糖尿外来と循環器内科の受診日でした。
更に、背中の傷もあり、皮膚科にも行きたいと、3種類の受診。
これは心して頑張らねばと思っていたら、主人がお休みになって、同行してくれる事になりました。
糖尿と循環器は、予約が入っているのですが、予定通りに受診などできません。
困ってしまったのですが、いつもよりも早めに出発。
とは言っても、お寝坊のミワちゃんは、なかなか起きてくれません。
もう、8時半を過ぎています。
こうなったら最後の手段。
主人を叩き起こして、出動してもらいました。
さすがに息子に起こされると、渋々起きてくれました。
すぐさまインシュリン注射。
30分後に食事開始でも、終了はこの分だと9時半に限りなく近い。
遅くとも9時半には出たかったのになぁ〜

皮膚科は、1時間半を予定していたのに、1時間で終了。
ホッとしていた矢先、ミワちゃんは
 「眼科も受診したい」
と、言い出しました。
主人がいるので、それもいいかな?!と、受診の受け付け。
これが大きな誤算でした。
午後は循環器の予約なので、午前中に終わればいいな、と、軽く考えていたのです。
ところが、終了したのは1時半。
ご飯の時間が、たったの30分しかありません。
これには、参った・参った。

循環器は、早くから来ている私達を知っている受付の女の子が、午後一番に呼んでくれたので、15分で終了。
それから会計で40分待ち。
薬で50分待ち。
長い長い一日が終わりました。

主人はあまりの長い時間に、飽きてしまって大変。
本当にのん気な主人です。
posted by 飯炊き人 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

血糖値が上がったのは私のせい?!

退院してから、早いもので3ヶ月が経ちました。
当初は、ほとんどの血糖値が安定していました。
ところが、最近の空腹時の血糖値は、上がる一方です。
特に、夕食前の空腹時の数値は、極端に上がっています。
そして遂に、218にまで上がってしまいました。

そこで発したミワちゃんの一言。
 「あんた、ちゃんとカロリー計算しているの?!」
えぇ・・・・
 がく〜(落胆した顔)それって、私のせいなの?!がく〜(落胆した顔)

運動もしないで、ただただジーッと座っているだけのミワちゃんの血糖値は、食事療法しかないのです。
頑張っているのにもうやだ〜(悲しい顔)
もう、何も言う気にもなりませんでした。
「飴玉事件」の事がありますから、ミワちゃんの懐には何かが隠れています。
主人も信用できません。
そりゃ〜、親子だからね。
好きな物を食べさせたい心境は判ります。
それが、どれほどの事になるのか。
本人も主人も、全く理解していないのですから、とっても厄介です。
ここまで病状が進行しているのに、二人共のん気なものです。
ハラハラと気をもんでいるのは私だけ。
またまた、胃に穴が空いてしまいますよ。

嫁と思わずに、ある意味‘家政婦’をタダで雇っているようなつもりなのでしょうね。
 布団を干して!!!
 お茶を持って来て!!!
 オムツ、取り替えて!!!
そんな事を言いながら、更に追い討ちをかけるのです。
 気の利かない嫁だ!!!!!!
主人の前では、小さな声で話しをするのに、私と二人っきりの時は、それはもうどこからこんな声が出てくるのかと思うくらい。
般若の形相で叫んできます。
寝ている時にその顔を思い出してしまう時、飛び起きてしまう私。
嫁って、本当に辛いものですね。
どこまでいっても、他人なのですからね。
posted by 飯炊き人 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。